火災・地震・洪水の場合には

火災・地震・洪水の場合には

災害時における対象方法として日ごろからご確認下さい。

いざという時に落ち着いて対処できるよう、災害時における対処方法として日頃からご確認ください。

容器バルブを閉め、消防署員または消火にあたる人に容器の位置を知らせ、
後の処理を頼んでください。

地震でいちばん怖いのは、火災による二次災害です。
揺れがおさまるのを待って、あわてず、落ち着いて火の用心に心がけてください。
※最近のガスメーターの場合使用中は震度5で自動停止します。
 津波等危険が予想される場合は、速やかに避難してください。

容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているか確かめてください。

容器バルブの閉め方
災害のときに容器バルブを閉めることは、二次災害の防止にも役立ちます。
容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。

災害にも強いLPガス
これまで地震などの大規模な災害時において、どの被災地においてもライフラインの早期復旧が課題となりました。その中でLPガスは復旧の早さや避難所などにすぐに対応してきたことなどから、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。このようにLPガスは「災害にも強い」ことが実証されています。

(一般社団法人 全国LPガス協会 周知文書より引用)

PAGE TOP